← NEW    [101-110]    →91-100    →81-90    →71-80    →61-70    →51-60    →41-50    →31-40    →21-30    →11-20    →1-10

110。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.3.6.mon
4日から出原石版画スタジオにて、リトグラフ教室、本格的に始まりました。
今回は自宅でアルミ版に描画、スタジオで製版・刷りという行程です。
出原先生と安井先生から丁寧に教えていただきました。

初めての2色刷り。ダーマトグラフとボールペンを使用。
  描画サイズ:約タテ330mm×ヨコ180mm

今回の一番の反省点は、仕上がり想定に対して版の描画が薄かったこと。次回からこれを基準に調整していきます。
試したいタッチもあります。
写真ではわかりにくいですが、リトグラフ特有の風合いはやっぱりいいなあと思います。
ご一緒した吉田佐和子さんからも学ぶことがいっぱいありました。
新たな発見に胸がときめいたりして、楽しい現場でした。

自分のできなさにむずむずしながらも、制作は面白いです。
ガチガチにならず、もっとのびやかに描けるようになりたい。
地道に精進してまいります。

通常のイラストの仕事もよろしくお願いします!



109。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.2.26.sun
マロニエ猫展、終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

作品の詳細です。

                                          タテ365mm×ヨコ77mm

以上5点。左から「夏の朝」「散歩」「猫の案内」「月と黒猫」「昨日みた夢」

作品をご購入くださった方、本当にありがとうございました。
直接お話しもさせていただけて嬉しかったです。
お部屋にかけてくださって、良い夢をみていただけるよう、願っております。

5月には同ギャラリーにて、 「作家たちの戯れび心 ー 掌サイズの世界」展にも参加させていただく予定です。
近くなったらまたお知らせしますね。

その前に制作がスタートするのはリトグラフ。作品展は11月に決定。暫定7作家。
またしても錚々たるメンバーの中に紛れ込ませていただくことになりまして候(覚悟を決めねばの武士風に)。
作品展に出展へと考えれば考えるほど冷汗がでますが、リトグラフ制作はもっと進めてみたかったことでもあり。
先生から学び、とにかくもう、どんどん手を動かすことにします。今できるのはそれだけだ。
通常の3倍以上の狼狽えぶりですが、貴重な機会を楽しみたいです。



108。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.2.23.thu
マロニエ猫展、開催中です。

   会場の様子

昨日、行ってまいりました。
様々なジャンルで制作されたねこちゃんがいっぱいです。かわいいーの。
一緒に行ってくれた友人たちにも楽しんでもらえました。

さらに、良いタイミングで、学生時代の先輩もお越しくださり、久しぶりにお話できて嬉しかったです。
主に油彩画を制作される方で、特に雲の表現が美しくて。
こんな風に描けたら気持ちいいだろうなあといつも思います。
井口たかしウェブギャラリー→

皆さん忙しい中、時間を作って、お越しいただけるのは誠にありがたいことでございます。

   私の作品
詳細は後日アップしますが、また細長い絵を描きたくなったんですね。

そして、会場の様子写真の左奥に見えるのは、同じく出展されている吉田佐和子さんの作品です。
写真ではわからないですが、展示台には、
10ミリ角くらい(もっと小さかったかも)の猫の顔が、綺麗に額に収まってたりして。気持ちが高まります。
詳しくは佐和子さんのHPのDiaryページで→
また、来月からはリトグラフ制作にご一緒させていただけることになりました。すごく楽しみ。
memo98の出原石版画スタジオの安井良尚先生にご教示いただきます。
最終的には作品展に出展ということなので、ほんとに真面目にやらないと追いつかないぞ!?
無謀かもしれませんが、新しいことに挑戦できるのは嬉しいことです。がんばります。

マロニエ猫展は26日(日)までです。
いろんな猫に是非会いにきてください!
どうぞよろしくお願いいたします。

*追記*
『婦人画報』の京都情報サイト「きょうとあす」の
「編集部さんのひとりごと」で紹介していただきました→
Oさん、写真を撮ってくれたMさん、いつもありがとうございます!



107。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.2.18.sat
マロニエ猫展の搬入まであと少し。

今回は5点出品させていただきます。
作品の一部をちらっと。こんな猫がでてきます。
           

他には、三毛やサビねこちゃんなども。どうぞ会場で探してみてください。
来週21日(火)〜26日(日)開催です。

是非、お立ち寄りください。
よろしくお願いいたします。



106。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.2.7.tue
企画展に参加します。



《マロニエ猫展》
「招かれた12人の作家」ー猫作品展ー
会期:2017年2月21日(火)〜2月26日(日) 12:00 - 19:00 / 日曜日は18:00まで
会場:ギャラリーマロニエ 3F →
           〒604-8027 京都市中京区河原町四条上ル塩屋町 Tel.075-221-0117
<DMより>
猫好きの作家、猫をテーマに挑み続ける作家
猫と暮らす作家、初めて猫をモチーフに取り組む作家
様々な猫との関わりで今回招かれた12人の作家の作品展
皆様をこの案内状にてお招き申し上げます

*******

私は猫と暮らせてはいないのですが、
長い間、私の作品の中に住んでいる、ハートの模様を持つ猫がいます。
その猫は人や場所が変わっても、そこにいます。
いつも姿を見せるわけでもなく、気の赴くままに生きていて、
あちらこちらで、いろんな名前で呼ばれているんだろうなと思います。
今回も多分、誰かのところに来てくれるんじゃないかと。

4Fでは、「Je suis un chat」ー猫写真展ーも同時開催されます。

是非、お立ち寄りください。
どうぞよろしくお願いいたします。



105。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2017.1.3.tue



新年おめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



新しい年が明けましたね!
皆さん楽しいお正月をお過ごしでしょうか。
私は年末から奈良の実家に帰省して、地元の友達と会ったり、
親族で地域の氏神さんに初詣をしたりとのんびりしてまいりました。
村中に佇んでいる小さな神社です。
子どもの頃から親しんているところなので落ち着きます。
お正月は神聖な雰囲気が増して、とても気持ちが良かったです。

他には、用事がない空いた時間にクマのぬいぐるみの手術(修繕)などを。
バッグに入れて持ち帰り、姉に指南してもらいながら、ひとまず両腕と背中まで。
  
約20年来、かわいいてしゃあないねん、な存在です。
表面はタオル地で作られていて、都度治していたのですが、
昨年の冬の始まり辺りから一気に弱ってしまい、大手術をせねばなりません。
大事にと言いつつ、色も生地の素材も違うし…ですが、そういうのもいいかなーと。
こんなにも弱ってしまうのは、経年劣化の上に、眠るとき一緒に居てもらっているからだと思われます。
時々、朝目覚めたら布団の外に居たり裏返って逆さまになっていたりするので、
私の意識がない間に何かが起こっているんだろうな…。
姉には「もう許してあげて」と言われました(笑)。

年明け早々、何の話?ですね。
クマの修繕に便乗して言うならば、
もし状況に変化があった時、それに合わせて調整や工夫をして、良い方向に進んでいけたらなと。
好きだな大切だなと思うことを根底にしっかり携えながら、いろんなことに挑戦したいと思います。
そして心身共に軽やかでありたいです。

改めまして。
本年も皆様にとって、
健やかで幸多き年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。



104。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2016.12.29.thu
今年も残すところ三日となりました。

仕事、プライベート共に、
大変お世話になり、誠にありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください!






103。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2016.11.18.fri
11月16日発売の本です。

『心を癒す えんぴつでなぞる 百人一首』
古賀良彦/監修  柏野和佳子・市村太郎・平本智弥/著  富澤敏彦/書(PHP研究所)

カバーイラストを担当させていただきました。
中面は、現代語訳や解説等もわかりやすく収録されています。
そして、なぞれる書き文字がとても美しいです。

前回memoから2ヶ月もたっていました。
ずいぶん寒くなりましたね。紅葉ももうピークなのかな?
出不精なのですが、ちょっと散歩に出掛けてみよう。

ギャラリーページの「ぼくとクロクロ」は現在40まで更新しています。
ほんとにゆっくりと好き勝手に描いておりますが、
よかったら時々のぞいてください。

おまけ

本棚の隅にあった古いスクラップファイル。
実物もあるけど洋服の色がこんなことになってた…。うーん、昔すぎて何年物かもわからない…。
子供の頃かなぁ。パディントンという存在も知らずに、かわいい!と思って買ったような記憶。



102。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2016.9.19.mon
お仕事の紹介をひとつ。
パンフレットのイラストを描かせていただきました。

  

     

のぞいているリス
     

こんなのもいます。カメレオンをちゃんと描いたのは初めてかも。
     

飛び出していたり、切り抜いてあったり、楽しい仕様です。
デザイナーさんの技で、裏表イラストもバッチリ合わせてくださいました!
特に、リスがのぞいているところ、ものすごく嬉しくて、
仕上がりパンフレットを何度も開いたり閉じたりして、デレデレしました。



101。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2016.9.7.wed



GALLERYページに「ぼくとクロクロ」という項目を追加しました →

らくがきをしていたら、このふたり(?)について、もっと描きたくなり、始めました。
  元のらくがき

ひとまず008ページ分アップしました。進めていく内に、他にも誰か登場するかもしれません。
どのような展開になっていくのかも、現時点では、ふわふわーとしています。
要は、作者のごく個人的なお楽しみで描いているものですが、
お付き合いいただけたら嬉しいです。



← NEW    [101-110]    →91-100    →81-90    →71-80    →61-70    →51-60    →41-50    →31-40    →21-30    →11-20    →1-10




Copyright(c) Inoue Ruriko All right reserved


T O P    P R O F I L E    G A L L E R Y    W O R K S    L I N K    C O N T A C T
I n o u e  R u r i k o  i l l u s t r a t i o n  w e b s i t e  * L o u p ? *